おすすめ田七人参サプリメントHOME » あなたにあった田七人参のおすすめ商品はどれ? » 高品質3選

高品質3選

こちらのページでは、高品質で安全性も高い、有機田七人参のサプリメント商品を3つご紹介しています。また、品質の良いもの、安全性の高いものを選ぶ際の基準についても解説しますので、サプリメント選びの際の参考になさってください。

高品質な田七人参サプリメント

田七人参は、そのほとんどすべてが中国原産の材料になります。だから、というわけではありませんが、やはり素材の安全性は気になるもの。

そこで、このページでは、品質に信頼のおける田七人参のサプリを3つ、ご紹介しましょう。

白井田七

白井田七の商品画像
[さくらの森]公式ページより
http://www.sakura-tuhan.com/campaign/spo-z/index2.html

高品質な理由 ・国際有機認証取得 ※「国際有機認証取得・田七人参」は世界初!
・有機JAS認証取得
・無農薬栽培
・すべて自社管理の工場で生産
田七人参栽培では珍しい、国際有機認証や、有機JAS認証を取得しています。中国でしか採れない田七人参だからこそ、安全性を最重要視し、国際有機認証(IFOM)を取得した自社農園で育てているうえに、収穫後は日本のJAS認証の工場で加工・製造を行っています。
価格 初回限定3,980円(約30日分)/1日あたり132円
通常6,480円(約30日分)/1日あたり216円
販売元 さくらの森
URL ⇒ http://www.sakura-tuhan.com/campaign/spo-z/index2.html
田七人参の力

田七人参の力商品画像
[健康それいゆ]公式ページより
http://www.kenko-soleil.com/asp/ItemFile/10000065.html

高品質な理由 ・25頭田七人参を100%使用
・加工はすべて国内工場
田七人参の頭数にこだわった商品です。頭数とは田七人参の大きさを示すもので(数字は小さいほど個体が大きい)、大きいほど高品質で稀少な材料とされています。また、原料はすべて中国産ですが、日本国内で品質を確認し、粉末加工を行っています。
価格 8,800円(約20日分)/1日あたり440円
販売元 それいゆ
URL ⇒ http://www.kenko-soleil.com/asp/ItemFile/10000065.html
田七天珠

田七天珠の商品画像
[銀座元気]公式ページより
http://www.denshichi.net/

高品質な理由 ・有機JAS規格適合
・食品安全評価分析センターにて残留農薬検査済
田七天珠に使われている田七人参は、一定年数以上農薬を使わない農場で栽培された農作物に認定される、「有機JAS規格」の認定を受けている安全な原料です。食品安全評価分析センターにおいても、335種類の残留農薬検査をクリアするという安全に対しての徹底した管理が行われています。
価格 初回限定1,000円(6日分)/1日あたり166.7円
通常8,500円(30日分)/1日あたり283.3円
販売元 銀座元気
URL ⇒ http://www.denshichi.net/

上記の3商品はどれも品質の良さ、安全性の高さに定評があります。

サプリメント選びの際には、有機JAS認定、国際有機認証の有無についても確認してみるとよいでしょう。

「有機JAS認定」「国際有機認証」ってどんな規格?

それぞれ品質を保証する認定規格ですが、下記のような違いがあります。気になる方は、参考にしてください。

有機JAS認定

日本国内の規格。農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格し、農林水産省によって認定された「有機農産物」、日本農林規格のことを指します。

国際有機認証/IFOAM(アイフォーム)

文字どおり国際規格。IFOAM(International Federation of Organic Agriculture Movements/アイフォーム)とは、国際有機農業運動連盟の略称となり、パリ近郊で1972年に設立されました。

草の根の会員組織(国際NGO)ではありますが、設立以後は世界を舞台に有機農業の普及に努めてきました。もっとも、草の根組織とはいえ現在、世界で111カ国以上にわたり、約770団体がIFOAM に加盟する、しっかりとした団体です。

IFOAM(国際有機運動連盟)では、有機農業の信頼性について 栽培地を検証し、認証を行っています。その基準は各国で認定される規格よりもはるかに厳しいもので、 無農薬・無化学肥料という条件のみならず土壌、使用する水なども含むあらゆる面で、世界最高水準が要求されます。

農作物栽培でもほとんど認証されることのないこの国際有機認証を取得するのは安全性の高い証明に他なりません。