おすすめ田七人参サプリメントHOME » 田七人参とは?基礎からわかるQ&A集 » どんな効能があるの?

どんな効能があるの?

こちらのページでは、古くから生薬として重宝されてきた田七人参のもつ効能について、ご紹介します。

田七人参の基礎知識:効能編

田七人参の最大の効能は、「血液をサラサラにして免疫力を高めること」です。

これにより、糖尿病や高血圧をはじめ、痛風、高脂血症、更年期障害などの高年齢層に多い疾患だけでなく、貧血などの一般的なものまで、さまざまな疾病に効果が期待できるとされています。

その代表的な効果をまとめてみました。

肝機能を高める

肝機能を高める成分「有機ゲルマニウム」が含有されています。有機ゲルマニウムは、インターフェロンを誘発する(ウイルスやがん細胞を排除するといわれる)といわれていますが、肝細胞を再生する働きもあります。そのため、肝臓病やC型肝炎、アルコールが原因で引き起こされる肝機能の低下などへの効能が期待できます。

免疫力を高める

有効成分のうち、「サポニン」「フラボノイド」「有機ゲルマニウム」に抗ウイルス作用があるため、免疫機能を高める働きが期待できます。

血糖値を下げる

田七人参の成分の代表格「サポニン」には、中性脂肪や血中コレステロールを低下させ、血糖値を抑制する作用があります。特に食後の血糖値上昇を抑えるだけでなく、空腹時の血糖値も下げる効果が高い成分も含まれているため、糖尿病の予防にも期待されています。

血流改善

主成分である「サポニン」と、特有成分の「田七ケトン」や「デンシチン」には、血液を浄化する効能があります。そのため、血液の粘質が高まりドロドロになる原因の中性脂肪やコレステロールを分解し、くわえて血流を改善する効果があるとされています。

貧血予防・改善

田七人参はミネラル分も豊富で、鉄分もしっかりと含まれています。鉄分がサポートするのは造血作用です。そのため貧血の予防や改善に役立ちます。

疲労回復

疲労回復に効果をもたらす成分を豊富に含有しているため、体力を取り戻す効果が期待できます。特に主成分であるサポニンの、糖質や脂質を効率よくエネルギーに変える働きが有効です。

ホルモンバランスを整える

血液の循環を良くする成分だけでなく、豊富に含まれる「サポニン」や「アルギニン」はホルモンの分泌を促進する成分でもあるため、更年期障害や婦人病の予防・緩和にも良いと言われています。

生活習慣病の予防・改善

血中の中性脂肪やコレステロールを分解、吸収を妨げる働きがあります。また、活性酸素を抑制する働きもあることから、生活習慣病の予防や改善が期待できます。