おすすめ田七人参サプリメントHOME » 田七人参の効果が期待できる症状とは » 更年期障害

更年期障害

こちらのページでは、サプリメントで田七人参の成分を摂る際、どの成分が更年期障害の症状改善をサポートするのかを調査しました。

更年期を田七人参で乗り切ろう!

特に女性にとって、年齢を重ねると身体の不調をうったえる更年期障害は深刻な問題です。最近では、男性にとってもひとごとではなく、症状が現れることがわかってきています。

ここでは、田七人参がもたらす効果のほか、更年期症状の説明、日常生活で気を付けるべきことについても記載しますので、参考になさってください。

キーとなる成分は「サポニン」「アルギニン」

田七人参に含まれる「サポニン」や「アルギニン」には、ホルモンバランスを整える作用があるため、更年期障害の予防・緩和にも良い効果をもたらします。

「サポニン」の持つ鎮静作用は、更年期障害の症状である交感神経と副交感神経のバランスの乱れを整えてくれるのです。

また、アミノ酸の一種である「アルギニン」は、古来より強壮を促し、婦人病や肝炎にも良いといわれています。

更年期障害の症状の説明

更年期は、閉経の前後約5年ずつ計約10年間のことを言います。日本人女性の平均的な閉経時は50歳前後ですので、一般的に更年期は45~55歳までとなります。

更年期に起こる症状としては、

  • 顔や上半身のほてり
  • 汗を大量にかく
  • 寝つきが悪い
  • 興奮しやすく、イライラする
  • クヨクヨして、憂うつになりがち
  • 無気力で、疲れやすい
  • 手足が冷える
  • 不安感を抱きがち
  • ささいなことが気になってしまう

など、精神的なものにもおよび、症状の個人差はあるものの、この更年期障害の症状は日常生活に支障が出てしまうほど辛いものが多いのが現状です。

日常生活での注意点

更年期障害は病気ではないので、症状がひどくないかぎりは、ふつうの日常生活を送ることができます。

更年期を過ごす際には、以下の点に気を付けて習慣づけるとよいでしょう。

  • 食生活
    更年期障害には、イソフラボン、カルシウム、抗酸化ビタミン、ビタミンDが効果的と言われています。
  • 運動
    運動をすることで全身の血行を良くし、筋肉を鍛えることで、更年期障害の症状も軽減されます。ストレッチ、ウォーキングなど簡単な運動を取り入れ、心身をリフレッシュさせることも大切です。
  • 睡眠
    更年期にホルモンが変化したことで体内時計が狂ってしまい、眠れなくなってしまった方も多いようです。
    良い睡眠がとれるように眠る前に体をリラックスさせたり、安眠グッズなどを試すのもよいでしょう。朝早く起きて、夜も早めに寝るといった規則正しい生活を心がけることが大切です。