おすすめ田七人参サプリメントHOME » 田七人参の効果が期待できる症状とは » 肝機能障害

肝機能障害

こちらのページでは、田七人参に含まれるどの成分が肝機能障害の症状改善をサポートするのか、リサーチしたものをご紹介していきます。また、肝機能障害の症状の説明、日常生活で気を付けるべきことについても記載しています。

肝機能障害を改善する田七人参の成分

放っておくと重篤な状態にもなりかねない肝機能障害を、田七人参サプリメントで軽減できる成分が含まれているのかどうかを調査してみました。

キーとなる成分は「有機ゲルマニウム」

田七人参に含まれる「有機ゲルマニウム」という成分に、体内のウイルスやがん細胞を排除するインターフェロンを誘発する働きがある、と報告されています。

田七人参自体、肝臓に対しての働きとして、

  • 細胞の損傷を防ぐ
  • 炎症を抑える
  • 細胞の修復を早める
  • アルブミンを増やし、GOT、GPT、γ-GTPなどの数値を改善する
  • コレステロールや中性脂肪の代謝を正常に戻す

など、多くの働きが挙げられます。

また、C型肝炎に対しても、肝硬変や肝臓ガンへの移行を防ぐ効果に期待がされています。

肝機能障害の症状の説明

肝機能障害の代表的なものをピックアップして挙げていきましょう。

  • 脂肪肝
    食べ過ぎやアルコールの過剰摂取などで、中性脂肪やコレステロールが肝臓に溜まった、いわば肝臓の肥満症とも言えます。
  • 肝炎
    脂肪肝から「アルコール性肝炎」が発症します。アルコール性肝炎になると、肝細胞が破壊されて炎症が起こり、全身の倦怠感にさいなまれ、黄疸や発熱、吐き気といった症状が現れます。
  • 肝硬変
    慢性肝炎の状態が長く続き、肝臓が小さくなって硬くなってしまう段階が「肝硬変」です。肝硬変になると、正常に働くことができる肝細胞が減り、肝臓の機能が低下するうえ、肝臓がんを発症しやすい状態になります。
  • 肝臓がん

このうち、肝臓がんは大きく分けて、

  • 原発性肝臓がん
  • 転移性肝臓がん

の2種類があります。

原発性肝臓がんの大半は、肝硬変を経て肝臓がんになります。しかし、自覚症状がほとんどないため、定期検診で早期発見をすることが重要です。

日常生活での注意点

肝臓の健康を保つためには、

  • 適度な運動
  • 十分な睡眠時間をとる
  • ストレスをためない
  • 便秘を予防・改善
    便秘をすると腸内に有害物質が発生し、これらを解毒するために肝臓に余分な負担がかかるため
  • 禁煙
    たばこに含まれるニコチンを解毒するために肝臓に負担がかかるため
  • 肥満予防

などが大切です。

少しでも肝臓に異変を感じたときは早めに内科を受診するようにしましょう。