おすすめ田七人参サプリメントHOME » 田七人参の効果が期待できる症状とは » 痛風

痛風

こちらのページでは、「痛風」の症状改善に田七人参サプリメントのどの成分が働きかけるのかを解説していきます。あわせて、痛風の症状の説明、日常生活で気を付けるべきことについてもご紹介していきますので、参考になさってください。

田七人参サプリメントを使って痛風を撃退!

痛風になると、摂取品目が制限されて楽しい食事がとれなくなったり、節々が痛んだりして、生活の楽しみが奪われます。

そんな状況を回避できるのかどうか、田七人参サプリメントを摂取した場合に効果があるといわれていることについて、詳しく調査してみました。

キーとなる成分は「サポニン」「田七ケトン」

田七人参の主成分である「サポニン」には、肝臓に直接働きかけ、中性脂肪を低下させる効果があります。

このとき、肝臓内のプリン体の量も低下させます。プリン体は、分解されることで尿酸値を高めてしまうので、プリン体の量を減らすことは痛風予防に効果があるのです。

さらに、田七人参特有の成分である「田七ケトン」は、痛風の痛みを緩和する働きをもつ成分です。

痛風の症状の説明

痛風は、血液中の尿酸値が高い状態「高尿酸血症」で、足の指や足首、膝などに起こる急性の関節炎です。

「プリン体」 の分解から生じる「尿酸の結晶」が血中に飽和して留まってしまう(尿酸値の上昇・結晶化)ことで「高尿酸血症」を発症し、「痛風」を引き起こします。

結晶化した血中の尿酸が関節包内に付着した際に、白血球に存在する好中球が尿酸結晶への攻撃をはじめます。

その際に神経も刺激することで、激痛を感じるのです。

痛風は、

  • 肥満
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病

などの生活習慣病と結び付きやすい症状ですので、生活習慣を改善することで十分予防することができます。

日常生活での注意点

まず、痛風を引き起こす原因の「プリン体」の摂取を控えることがもっとも肝心です。

プリン体を多く含む食品には、あん肝、レバー、モツ、白子といった内臓系や、牛肉ヒレ、ロースなどの肉系、さらには魚介系のえび、かにみそ、いくらなど。動物性食品に多く含まれているので、食生活に気を配るとよいでしょう。

また、尿酸の産生を抑えるためには、以下のことを控えるようにしてください。

  • アルコール
  • 果糖
  • 脂肪

また、痛風発作のきっかけとなる

  • 激しい運動
  • 過度のストレス
  • 過食
  • アルコール
  • 水分不足

などにも気を付けることで、発作を予防することができます。